Model-Based Enterprise Self Assessment

Model-Based Enterprise Self Assessment

・MBEを自己評価するツールがある
・自己評価することで、プロジェクトの現在地、向かうべき目標を明確にする
・NIST評価ツールは、モデルベースエンタープライズの評価を6つのレベルに分ける
・レベルゼロが図面中心のプロセス
・レベル1では、図面はモデルから派生する
・レベル2では、描画とモデルが一緒に管理されている
・レベル3では、モデルが焦点になる
・レベル4では、モデルがプロセスを推進する度合いが高まり、図面は使用されなくなる
・レベル5では、製造の視点と統合された内的企業を持ち始めます
・レベル6は、拡張をを含むモデルに基づいて製造が密接に統合されている状態である

システムエンジニアリングのROIを数値として検証することは難しい。
なぜならば、システムエンジニアリングを(MBE)を導入したことによるROIを、導入しなかったことによるROIと比較することなどできないのだから。
起きていない問題の損失を計算することはできない。

モデルベースエンジニアリングは、数々の産業で用いられてきた
そこで得られた4つの利点は
・共通の言語を持つことができる(誤解を失くし、言葉の定義を共有できる)
・開発タイムの短縮
・モデルの再利用
・派生開発の効率化


Action Engineeringは、mbeの評価に3つのレベルを使っている
・伝統的なもの、現在のもの、最先端のもの
・action engineeringは何年ものロードマップの指標にすることはできないが、自分たちの立ち位置が目標からどれだけ遠くにいるのかを確認するには役に立つ

NISTツールの最新版、Excel版はgithubから入手可能

Realizing a Model-Based Enterprise

Realizing a Model-Based Enterprise

・MBEが多額の投資をしなくても達成できることが調査によってわかっている。
・劇的な変化をするのではなく、段階的に変化すること
・いきなり、全ての情報をモデル化できるわけではない。
・事象を単純化し、少しずつモデル化を行うべきである。
・ディジタルスレッドを活用する

Business Aspects of the Model-Based Enterprise

Business Aspects of the Model-Based Enterprise

・NISTによる最近の調査では、モデルベースのプロセスでは、従来の製図ベースのプロセスと比較して、サンプル部品の製造および検査のサイクルタイムが約75%短縮されました。
・見積精度が向上する
など、数々の利点があることはわかっている。

だが、MBEを実装するには、いまだに課題がある
・組織文化 ⇒ 2次元図面の利用がいまだに根強く、短期的な投資収益率の確保に焦点が当てられている。
・MBEへの習熟度 ⇒ MBEを実施するために時間とエネルギーの先行投資が必要になる。
・ソフトウェアの選択 ⇒ MBEとして発展し続けるソフトウェアを選択しなければ、ソフトウェアの移行機会が生じてします。これはコストである。

The Model-Based Enterprise and the Digital Thread

The Model-Based Enterprise and the Digital Thread

digital thread
・製品ライフサイクルの各段階で、情報が生成される
デジタルスレッドは、部品またはシステムの開発、定義、構築およびサポートにおける情報の再利用、再利用、および追跡可能性を可能にする電子ファイルおよびデータ経路について説明しています。 スレッドは、接続されたマシン、工場、およびサプライチェーンを通過して、データの集約、分析、およびアクションを可能にし、製品全体またはシステム全体を網羅するデジタルキルトまたはデジタルタペストリーを形成します。

モデルベースの定義データを含む3つの主な活動は、交換、視覚化、そしてコミュニケーションです。
コミュニケーションは、正確なジオメトリ寸法や補足資料などの追加情報を伝えるという点で視覚化とは異なります。

 

The Model-Based Enterprise - Part 2

The Model-Based Enterprise - Part 2

典型的な設計プロセス
・エンジニアはたくさんの文書を作成する必要がある
・作成された文書から、設計者の意図を読み取る際に、誤解が生じたり、誤解を生じないように時間をかけて読み取ろうとするなどして無駄が生じる
・3次元図面ではなく、2次元図面がいまだによりどころとなっている

最近の流れ
・他の種類の非幾何学的データ、製品および製造情報、幾何学的寸法や公差などのPMI、材料、情報、表面仕上げなどを埋め込むための3Dモデルの規格が発展してきました。

MBEは、コスト削減にとても効果がある
結果、突発的な問題対応ではなく、製品の品質向上にかかわる業務に多くの時間を割くことができるので、製品の品質はおのずと向上していく

The Model-Based Enterprise - Part 1

The Model-Based Enterprise - Part 1

システムを記述するために、複数の文書をもっていた状態から、MBSEに変えることの利点
・保守性の向上
・情報管理のしやすさ(統合)
・情報へのアクセスのしやすさ

GD&T
幾何学的設計情報を図面に埋め込み、共有するために開発された

Model-Based Systems Engineering (MBSE) Application Strategies

Model-Based Systems Engineering (MBSE) Application Strategies

graph showing the timing of costs committed versus cost incurred
・シミュレーション機能と容量が向上したことで、設計プロセスの早い段階でより多くの知識が得られ、コストが確定する前に変更を加えることが可能になります。
・モデルを開発して使用することで、製品知識曲線を左にシフトさせて製品知識をフロントローディングすることで、物理的プロトタイプの必要性を減らすことができます。


MBSEフレームワーク
・分析フレームワークでは、1つの分析の出力が後続の分析の入力となるようにする
SiemensがHEE​​Dを提供している
・LMS Imagine.Labは、MBSEアプローチを使用してメカトロニクスシステムのシミュレーションを容易にします
・他のフレームワークの例としては、Phoenix Integrations ModelCenterがあります。
・ EstecoのModeFrontierは、取引スペースの探索に焦点を当てたもう1つのシミュレーションワークフロー自動化ツールです。
・DassaultのiSightは、さまざまなツールを使用して、学際的な分析環境で最適化と実験計画の探索を可能にするシミュレーションワークフロー自動化パッケージです。