子どもと関わる人のためのアンガーマネジメント: 怒りの感情をコントロールする方法;読了メモ

みなさんこんばんはクモです。

 

題名にある本を読んだので、メモ書きです。

題には、「子供と関わる」とありますが

子供に限らず、人とのコミュニケーションにおいて「怒り」を

コントロールする方法が記載されています。

 

・アンガーマネジメントの目的

怒ることと、怒らないことの区別をすること

→怒ることが悪いことではなく、怒ることが必要なときもある。

どういうときに怒るのか、その1つの指標をこの本では「後悔するかどうか」であるとしています。

 

・怒りとはコントロールできるのか

「怒りとは、自分自身が作り出しているものであるため、コントロールすることができる」

確かに、物事に対してどう反応するのか

それって自分自身が決めていることですよね。

 

・「6秒待つこと」

これはよく聞きますね。

6秒待つことで怒りが静まり、冷静になることができます。

 

・「怒りの尺度を持つ」

これは斬新ですね。感情を定量的に評価する。

そうすることで、より自分を客観的に捉え、冷静になれ、ということだと思います。

 

・「〜べきという考え方は人によって異なる。その価値観が異なったり、裏切られたと感じることで怒りが生まれる」

なるほど。

〜あるべき、〜しないといけない。私もよくそういうふうに言ってしまったり

考えてしまうくせがついてしまっています。

 

・「怒りを感じたら、コントロールできるのか、優先度が高いのか考える」

本で書かれていたのは、そもそもコントロールできないことに怒ってもしょうがない

また、優先度が低いなら、他のことにエネルギーを使ったほうが良い、というもの。

 

なるほどねぇ、、、

その考え方はとのても合理的です。

でも、怒りという感情って合理的かどうか、とか関係なくて

自分の内面からふつふつと湧いてくるもの。

頭を切り替えられるといいんだけど、なかなかうまく行かないこともある。

 

・「相手に何かを伝えるときは、「私は」を主語にすることで冷静に意見を伝えることができる」

「自分」という存在がどう感じているのか伝えるというのは

「自己開示」に近いと感じています。

「自己開示」をすることによって、相手との距離を縮めることができそうです。

 

・「意見を伝えるときには、事実、感情、要求を伝える」

これは素晴らしい枠組みだと思いました。

相手にわかりやすいと思います。

私も使います。

 

・「サクセスログをつけて自身をつける」

私もそうなんですけど

どうしても、できたことよりも、できなかったことに目が向きがちです。

そうではなくて、自分ができたことに目を向けて

前向きな気持ちでいること。

どんな問題を前にしても、前向きな気持でいることが

良い結果に関係していることに疑う余地はありません。

 

・「グラウンディング

これは現実回避?のテクニックだと私は理解しました。

自分がいる場で悪口大会が始まってしまったときには

その場を離れる、というのもストレス軽減のための1つの有効な手段です。

でも、仕事の会議など、どうしてもその場から離れることができないときがある。

そういったときに有効なテクニックです。

具体的には、その場にある何かしらの物事をじっと観察することで

感情をリセットするものです。

これには少し練習が必要です。

 

カップルダイアログ

手法の説明がありましたが、そこまで詳しく書かれていませんでした。

ネットで調べてみても、そこまで詳しく出てきません。

なにも「カップル」に限ったはなしではないようで

「ダイアログ」という検索ワードで、それっぽい記事が引っかるので

これは心理学では有名な方法何でしょうか。

 

 

本を読んでいて感じたのは

怒りに身を任せて行動しても、決していいことはない。

やはり、怒りをぐっと堪えて冷静に、毅然とした態度を取ることが

どんな人間関係においても大切である、ということです。

 

ではまた。

 

 

小さなチーム、大きな仕事:37シグナルズ成功の法則 読了メモ

みなさんこんばんは クモです

 

ブログ更新が空いてしまいましたが

ちゃんと生きています。

 

競プロの方は、AtCoderのC問題は、42回以降、フルコンしました。

案の定というか、D問題でつまずいています。

一旦グラフ理論とか、アルゴリズムの勉強をしないと

解説を読んでも理解ができません、、、

 

ということで本題です。

対象読者;全ての人

→経営者でも、サラリーマンでもどんな人にも何かしらのヒントをくれます。

 

37シグナルズとは;

・ウェブデザインのコンサルティングを行う会社として創業

・創業時のメンバーは3人

・既存のプロジェクト管理ソフトに不満があり、自分たちで自分たちに必要な

ソフトウェアを開発し始めた

 

以下、自分が気になったところを引用を交えて紹介します。

 

・失敗から学ぶことは多くない

失敗することで「してはいけないこと」を身につけることができるかもしれないが

「次すべきこと」がわからない。

成功体験から、次も同じことをすれば成功する可能性が高まる。

 

・他人の正解が、自分の正解とは限らない

世の中の定石とされることを疑い、覆すことが

大きな成功につながることもある。

 

・「小さな会社は大きくなることを夢見るが、

大きな会社は身軽に行動できないことを悔やむ」

他人の芝生は青く見えるってこと。

でも、大事なのは現状を変えようとあがくことだと思う。

 

・客の目線を持つこと

これって、古今東西いろんな本に書いてあると思うし

幼稚園の頃に、相手の立場になって考えろってさんざん言われたと思う

でも、実際は、実践するのが難しい。

だから、自分が客になれってこと(自分が必要なものを作れ)

 

・アイディアには価値がない

考えるだけじゃだめ、そこに実践が伴って初めて価値がある。

 

・制約があるから創意工夫が生まれる

確かに、短歌でも俳句でも字数の制約があるから美しさがある。

日本人が戦後努力してきたのは

資源がないのに成長するにはどうしたらいいのか

必死に考え行動してきた結果だと俺は思ってる。

 

・副産物を売る

何かをするということは、必ず副産物がある

(物理法則で言う、作用と反作用)

副産物にもビジネスチャンスが有る。

 

・小さいからこそ、大きなリスクを取ることができる

中小企業で、知名度が高くないからこそ

挑戦的なセールスができることもある。

 

・人は、他の人がどのように、なぜそうしたのかを知りたいと思っている

ディスカバリーチャンネルが人気なのは、そういうこと。

 

・一日にして成功はない

ローマは一日にしてならず。

手っ取り早く成功したいと誰もが思うけど

人生そんなに甘くないらしい。。。

 

気づいたときにまた読み返したいと思う本でした。

 

 

 

Atcoder D問題の難しさ

こんにちは クモです。

 

AtCoder 過去問を解いています。

サクサク進めて行きたいのですが、D問題は結構難しいですね、、、

 

コーディング以前の問題で

順列、組み合わせとか、高校数学?を思い出さないと行けないなぁって感じで

時間がかかる割には、なかなか進まないので

モチベーションだけが削がれる感じがしています、、、、

 

ですので、まずはC問題までをひたすら解いていく、という形で取り組みたいと思っています。

今日のコンテストには、初めて参加してみようかと思っています。

string型とchar型の混在

こんにちは クモです。

 

Cではstring型ありませんがC++(最近?)ではstring型が存在しますよね。

 

ダブルクオーテーションで処理するのか、シングルクォーテーションで処理するのか

少し混乱することがあります、、、

 

文字列の処理は、あまり直感的ではないため

少しむずかしいと感じています。

負の数の剰余

おはようございます。クモです。

 

AtCoderのAPG4b 取り組んでいます。

表題の件、C++剰余演算子では、以下のように処理されるんだそうです。

 

より正確に言うと、C++剰余演算子(A / B) * B + (A % B)Aが等しくなるように定義されており、結果的にAの正負と一致します。」

(引用元;https://atcoder.jp/contests/apg4b/tasks/APG4b_d

 

これは知らなかったです。

バグのもととなりそうで、覚えておきたいです。

学習記録

こんにちは、クモです。

 

いま、プログラミングコンテスト攻略のためのアルゴリズムとデータ構造

取り組んでいます。

応用編の前のところまで、1週が終わりました。

2分木に入ったあたりから、だいぶ写経になってしまいました、、、

 

もう1州しようかなと思いましたが

atCoderの方に行って見ようかと思っています。

ボロクソでもいいので、コンテストに参加し始めてみようと思います。

モチベーション維持につながるかなぁ、、、

c++の少し楽なところ

こんばんはクモです。

 

競技プログラミング、なんとか続いています。

C++も、本当に少しずつですが、学んでいます。

 

標準入出力の際に、Cでは変数の方を意識しないといけないんですが

C++ではコンパイラが自動で認識してくれます。

 

もともとpythonとかをゴリゴリ書いてた自分としては、

C++が楽だなぁって感じています。

 

また、アロー演算子の意味もようやく理解できました。

「&」+「.」が、「->」になるんですね!

少しずつ続けていきます。